つわり中でも食べやすい料理はこれ!

つわり中の主な症状として現れる吐き気や胃もたれに伴い、食欲が減退して食事もままならないという妊婦さんも多いはず。こちらでは、つわり中でも食べやすいおすすめの食べ物を紹介しています。辛いつわり中の食事メニューにぜひ取り入れてみて下さい。

冷たい麺・スープ

つわりが酷い時期には、あたたかい食べ物よりも冷たいものの方が食べやすいという妊婦さんが多いようです。そのためつわりが酷い時の主食として、冷やし中華やそうめんなどの冷たい麺がおすすめです。また、固形物を受け付けない時には冷たいスープが良いでしょう。しかしいずれも体を冷やす作用があるので、食べ過ぎには注意が必要です。

冷やしトマト

妊娠中にトマトが無性に食べたくなったという妊婦さんは数多くいます。

さっぱりとした酸味がつわり中の食事にぴったりで、冷蔵庫でよく冷えたものを切ってお皿に盛るだけで良いので用意も簡単です。

サンドイッチ

手軽に食べることのできるサンドイッチもつわりが酷い時期の主食としておすすめです。その際、野菜やタンパク質がはさまれている種類をチョイスすれば、必要な栄養素をカバーすることができます。先輩妊婦さんはシンプルな食材のサンドイッチのほうが口にしやすかったという方が多いので、できるだけ具材は少な目で厚みのないものを選ぶと良いでしょう。

また、必ずしも自分でつくる必要はないので、食事を用意するのもつらい時にはコンビニやスーパーのサンドイッチを頼るのも手です。

一口おにぎり

一口大に握ったおにぎりを用意しておけば、食欲が回復した時に手軽に食事を済ませることができます。妊娠中に働きに出ている方の職場メニューにもぴったりで、わざと冷蔵庫で冷やしておくことで食べやすさもアップします。

たくさんつくって冷凍保存しておき、食べる直前に解凍するのも良いでしょう。

炭酸飲料

つわりが酷い時期の飲み物としては炭酸飲料がおすすめです。

炭酸には吐き気や胃もたれを緩和する作用があり、満腹感も得られるので常備しておくと良いでしょう。しかし、コーラやサイダーといった甘い炭酸飲料は糖分が多くカロリーが高いため、日頃から飲用するためには炭酸水が適しています。

このようにつわりが酷い時期は食べられるものが限られてしまい、栄養バランスが偏りがちです。そんな時は妊婦さん向けのサプリメントを活用し、不足しがちな栄養素を補いましょう。

下記ページで紹介されているサプリメントはタレントさんも愛用している人気の商品ですので、妊娠中も安心して飲むことができますよ。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする