妊娠初期のつわりを軽くする方法はある?

妊娠初期のつわりの原因

妊娠初期の辛いつわりの原因は、主に自律神経の乱れやhCGの過剰分泌によるものです。

妊娠したことによる体の急激な変化に順応することができず、吐き気や胃もたれ、倦怠感といった様々な症状が慢性的に現れるようになります。

つわりの程度は妊婦さんによって異なりますが、ほとんどすべての妊婦さんが経験するので、念のため症状の緩和方法を知っておくと安心です。

つわりを緩和するには?

・食事方法に気を配る

つわりの症状が酷い時には食欲が減退し、食事もままならないという方もいます。そんな時は食べやすいもの、食べたいものを手の届く位置に置いておき、食欲が回復したタイミングですぐに食べられるようにしておくのがおすすめです。

また、食事をできるだけ小分けにすることで、胃への負担を軽減して症状を緩和することができます。

・水分補給は小まめに

つわりの症状が出ている時は水分不足に陥りがちですので、のどが渇いていなくとも意識して水分補給をするようにしましょう。また、炭酸飲料には吐き気を緩和する作用がありますので、症状が酷い時におすすめです。

・意識して横になる時間をつくる

妊娠初期は日中もできるだけ横になる時間をつくり、なるべく身体を休めるようにしましょう。お仕事がある方も、休憩時間を利用して少しでも体力を回復するのがおすすめです。勤務先で横になるのは難しい場合も多いと思われますが、アイマスクをして目を休めるだけでも効果があります。

・アロマの香りを活用する

アロマオイルはリラックス効果をもたらし、香りを選ぶことで吐き気や胃のむかつきを緩和する作用も期待できます。中でもおすすめなのが、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系の香りです。柑橘系のシトラスの香りは胃もたれを緩和するだけではなく、精神を落ち着ける作用もあります。

ただし、妊娠中は嗅覚が鋭敏になるため、オイルを少量ずつ足すなどしてつわりの不快感を助長しない程度に留めておきましょう。

・ビタミンB6を摂取する

ビタミンB6は数ある成分の中でもつわりの緩和に効果があるとされている栄養素です。

ビタミンB6は豚肉やブロッコリーなどに含まれていますので、食べやすい大きさにカットして、スープや炒めものにして食事に取り入れてみましょう。

また、ビタミンやミネラルの他にも、葉酸やDHAなど妊婦さんには積極的に摂取したい栄養素が多々あります。それを一度に補うことのできるのが、下記のページで紹介されている「愛され葉酸」というサプリメントです。

実際に購入した方のレビューも掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする