妊娠中でも運動はした方がいいの?

妊娠中も適度な運動が大事!

妊娠中は何かと制限が多く、体を動かすのもタブーと考えている方もいらっしゃいますが、実は妊婦さんにとってもお腹の赤ちゃんにとっても、適度な運動はとても大切なことです。

一般的に安静にするべきとされている妊娠初期であっても、無理のない範囲であればできるだけ体を動かすのがおすすめです。

妊娠中の適度な運動には、以下のような効果を期待できます。

・つわりの緩和

つわりが酷い時はどうしても横になっていたくなりますが、体調や気分が上向きの時は適度な運動を取り入れることでつわりの症状を緩和する効果が期待できます。

その場で足踏みをしてみたり、廊下を行ったりきたりするなど、体調と相談しながら無理のない範囲で行うようにしましょう。

・むくみ解消

運動によって血行が促進されることにより、妊娠中のむくみを改善する効果が期待できます。また、血流が良くなることで身体がポカポカとあたたまり、手足の冷えが緩和されることもあります。

・お産が楽になる

妊娠中に運動をして腹筋や腰回りの筋肉を適度に鍛えておくと、お産の際にかかる負担や時間が軽減されます。体調が優れない時には安静にしておくことも大切ですが、赤ちゃんを実際に産む日のことも考え、できるだけ筋力の衰えは防ぐようにしましょう。

妊婦さんにおすすめの運動方法

運動といっても、妊婦さんにとっては激しいエクササイズやトレーニングはご法度です。特に妊娠初期やつわりの酷い時期は決して無理をせず、医師と相談しながらご自分のペースを守って続けることが大切になります。

そこでおすすめなのが、有酸素運動です。散歩やウォーキングなどのゆったりとした有酸素運動は、お腹が大きくなってからでも続けることができ、母体への影響も少ないのが利点です。また、特別な道具も必要ないので、妊娠中の運動不足解消にぴったりです。

しかし妊娠初期は人によっては立っていられない程体調が悪化することもあるので、体調が回復している時に、少し部屋の中を歩き回ってみるところからはじめてみましょう。

安定期に入ったら近所の公園を散歩するなど、楽しんで行うのが継続するコツです。また、お腹が大きくなるにつれて自重が増すため、膝に負担がかからない程度に様子を見ながら行っていきましょう。

このように妊娠中の適度な運動には、様々な嬉しい効果を期待することができます。

また、運動の他にも赤ちゃんの成長をサポートするために食事に気を配ったり、サプリメントを取り入れることも大切です。

下記のページで紹介されているサプリメントは妊婦さんに必要な栄養素がすべて含有されている、妊娠中にとてもおすすめできるサプリメントで。体験談も掲載されていますので、ぜひ検討してみて下さい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする