妊娠前、妊娠中、授乳中に欠かせないポリアミンってなに?

ポリアミンとは?

ポリアミンはアルギニンやアルニチンといったアミノ酸によって合成される炭化水素の1種で、私達人間の体内には約20種類ものポリアミンが存在しています。

そんなポリアミンは細胞の分裂に大きな関わりを持っています。あまりピンとこないかも知れませんが、私達人間も他の動植物と同じように細胞の分裂や増殖を繰り返すことで生命活動を行っています。そして体の新陳代謝は細胞の分裂によって行われているため、尿や排便によるデトックス、脂肪の燃焼や肌の生まれ変わりなど、私たちの体を健やかに維持するためには欠かせない成分です。

また、ポリアミンの中には動脈硬化を予防する働きをするものもあります。

ポリアミンは20歳を境に合成量が著しく低下してしまうため、ポリアミンの減少が新陳代謝の低下を引き起こし、体の老化に繋がるとされています。

そのためポリアミンを積極的に摂取することは、いつまでも若々しく健康な体を維持するためにも大いに役立つのです。

赤ちゃんの成長をサポートする

ポリアミンは妊娠中、お腹にいる赤ちゃんの成長をサポートする働きもあります。

お腹にいる時の赤ちゃんはものすごい勢いで細胞分裂を繰り返し、日に日に成長していきます。そのためお母さんの体内で合成された分だけではなく、食事からポリアミンを摂取すれば赤ちゃんの発育をより一層促すことができるのです。また、前述の通り体内のポリアミン合成量は加齢に伴って減少していきますので、年齢を重ねたお母さんはぜひ積極的に摂取しましょう。

さらに、ポリアミンは出産後の母乳にも含まれており、赤ちゃんの成長促進に一役買ってくれます。赤ちゃんの成長のためにポリアミンを与えるためには、妊娠中や出産後、お母さんの体内で十分なポリアミンが蓄積されていることが大切です。

ポリアミンを効率的に摂取する方法

ポリアミンは大豆製品やきのこ類に含まれています。

中でも発酵させた大豆にはポリアミンが多く含有されており、醤油や味噌、納豆などがおすすめです。特に納豆は女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンや酵素が豊富で、お母さんの美容や健康にも良く、ヘルシーなので産後のダイエットにもぴったりな食材です。

また、妊婦さんにとって重要な栄養素はポリアミン以外にも様々ありますが、妊娠中にそれらを考慮して食事メニューを用意するのは難しいので、サプリメントを取り入れるのもおすすめです。

以下のページで妊婦さん向けのサプリメントをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする