妊娠前、妊娠中、授乳中に欠かせないDHAってなに?

DHAとは?

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の働きを良くして頭脳労働や勉強の手助けをする作用があり、なんとなく「頭に良い!」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

これは、DHAが神経細胞のやり取りを活性化し、思考の回転スピードをアップさせるためです。このDHAは青魚に多く含まれており、体内で合成することのできない不飽和脂肪酸の1種でもあります。

また、DHAには脳の働きを活性化させる以外にも様々な働きがあります。中でも血液をサラサラにする効果は、近年動脈硬化や脳梗塞といった血液の詰りが原因の病気を防ぐことができるとして注目を集めています。さらに血流が改善されることで、アトピー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー反応を予防したり、緩和させる働きも期待できるのです。

DHAは妊娠中の女性にこそおすすめ

そんなDHAですが、実は妊娠中の女性こそ積極的に摂取したい栄養素です。

妊娠中、赤ちゃんはお腹の中でお母さんが摂取した栄養素を、胎盤を通して受け取っています。また、赤ちゃんの手足や臓器、そして脳といった体の様々な器官はこの期間に形作られるため、お母さんが摂取した栄養素の影響を受ける側面があります。

よって、妊娠中に摂取したDHAはそのまま赤ちゃんの脳の発達へ影響を及ぼすのです。

脳は人間にとって重要な器官の1つです。妊娠中にDHAを積極的に摂取すれば、赤ちゃんの健やかな成長をサポートすることができます。

これは、「成長後の子供の学習能力を向上させる」という意味合いだけではなく、妊娠中の脳の発育不全等を防ぐためにもとても重要なことです。妊娠中はつわりの症状などでついつい食生活が偏りがちですが、子供の健やかな成長のためにもDHAをはじめとした大切な栄養素を積極的に摂取していくようにしましょう。

DHAを効率的に摂取する方法

前述の通りDHAは青魚に多く含まれていますが、妊娠中はできるだけ生魚は控えるのが無難です。そのため焼き魚や煮魚など、加熱調理を施したメニューがおすすめです。

また、つわりが酷くて食欲がない、身体がだるくて料理に時間を割けないなど、思うように食事がとれない時にはサプリメントに頼るのも良いでしょう。妊娠中は薬やサプリメントの服用に慎重にならざるを得ませんが、下記で紹介されているサプリメントは妊婦さんでも安心して飲むことのできる製品です。実際に購入してみた方の体験談も掲載されていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする